一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

団体案内

ご挨拶

在日2世として京都で生まれた私は、1960年、高校3年生の時に、日本で大々的に繰り広げられた在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業によって北朝鮮へ渡りました。

それから43年間、私は一言の言葉と自分の命を交換しなければならない過酷な現状の下で生き延びて参りました。そして北朝鮮に飢餓の時代が始まり、数百万の人達が餓死するのを自分の目で直視しました。
「これ以上は北朝鮮の『中』にいてはどうにもならない!命をかけてでも北朝鮮から脱出して、国際社会にこの現状を知らせなければならない!」と、2003年に脱北しました。

私は日本に来てまず、「日本から北へ帰った人の話」という一冊の本を書きました。その本の中で、同じ帰国船という船に乗って北朝鮮へ渡った在日朝鮮人と1,800人の日本人妻、6,800人の日本国籍保有者の運命について書きました。
その後、私は上京し、今日まで14年間日本から北朝鮮へ渡った人たちの人権と権利の回復のために様々な活動をしてきました。そして、「モドゥモイジャ」(韓国語で「皆集まろう」の意)という小さなNGOを立ち上げました。

朝鮮半島は第二次大戦が終わるときに東西両陣営の接点として分断されました。そしてあまりにも長い年月が流れました。同じく出発した北と南が、今は天と地の差の状況に陥っております。
私たちはもうこれ以上次世代に分断された朝鮮半島を引き渡すわけにはいきません。朝鮮半島の問題が解決すれば、世界の平和が解決すると私は確信しています。

今、世界は少し動きを見せております。それは、韓国の文在寅大統領、北朝鮮の金正恩委員長、アメリカのトランプ大統領のような方たちの力だけで起こっているわけではありません。
数十年に渡る私たちの平和を望む良心の活動の結晶として、今日の状況があります。あと一歩私たちが歩みを進め、これまでの活動の結論を出さなければいけません。朝鮮半島出身の人たちは直接利害関係のある朝鮮半島統一のために立ち上がっていかなければなりません。

また、日本をはじめアメリカ、モンゴル、インド、中国、すべての国々の人びとは平和への投資だという気持ちで立ち上がっていただきたいと思います。
そして必ず私たちの時代に平和な地球を創り上げて、21世紀の平和を次世代に引き継いでいきましょう。

代表理事 川崎 栄子

代表プロフィール

1942年、京都府で在日2世として生まれる。1960年、高校3年生の時に、在日コリアンの北朝鮮への帰還事業によって北朝鮮へ渡り、43年間を過ごした後、脱北。現在は著作活動や講演を行い、北朝鮮の実情を国際社会に伝える活動を各地で行っている。
著書 : 『日本から「北」に帰った人の物語』など

事業概要

団体名 一般社団法人アクション・フォー・コリア・ユナイテッド
代表 川崎 栄子
住所 〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山1302
ホームページ https://www.koreaunited.jp/
電話番号 03-6869-160203-6869-1602
FAX番号 03-6893-3931
代表理事 川崎栄子(NGOモドゥモイジャ代表)
副代表理事 姜英之(一般財団法人東アジア総合研究所理事長)
理事 中戸祐夫(立命館大学国際関係学部教授)
梁知身(医師)
顧問

木俣佳丈(前参議院議員)
加藤博(特定非営利活動法人北朝鮮難民救援基金理事長)
山田文明(北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会名誉代表)
柳在豊(米国One Korea Foundation会長)

アクセス

当団体は東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅から徒歩2分です。

お問い合わせ

AKUは特定の政治団体や宗教団体から支援を受けていません。活動は皆さまからのご支援によって支えられています。
お問い合わせやご相談などございましたらお気軽にご連絡ください。

TEL : 03-6869-160203-6869-1602

お問い合わせはこちら