ワンコリア国際フォーラム分科会レポート②「朝鮮半島の統一の実現を通じた北朝鮮の非核化と恒久的な平和構築」

2019/10/15



「今の北朝鮮体制の下では、非核化実現の可能性は低い」
「北朝鮮の核兵器は全ての国への脅威…北朝鮮に対する米中の協力システム強化が重大」
「統一が非核化の実現を可能する解決法…国際社会に『非核化のための統一』の正当性を拡散すべき 」

 昨年から南・北・米首脳間の会談が続いていますが、このプロセスを介して初期の核心的なトピックであり目的であった「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)のためにどのような具体的な措置がとられたかに疑問が提起されています。首脳会談がある度に一時的な平和の雰囲気が造成されたりはしたが、現時点で見ると非核化のためにいくつかの段階では実施されたことはあったが、むしろ北朝鮮は連日雌発射体を試験し、米韓の訓練が縮小されるなど予期せぬ局面に直面しています。

 ギム・ベクサン世界平和研究所代表は、「北朝鮮の核問題自体の本質をもう一度再定義する必要がある」と「朝鮮半島の統一の実現を通じた北朝鮮の非核化と恒久的な平和構築」をテーマに分科セッションの議論を始めました。

 キム・グンシク慶南大学極東問題研究所教授は、「北朝鮮は死ぬ覚悟で核兵器を開発した。それを放棄する可能性は非常に希薄だと思える」と指摘し、「北朝鮮の政権交代以外の非核化実現は不可能である」との判断を示しました。



 ホン・ヒョンイク世宗研究院外交戦略研究室長は、「過去には北朝鮮の体制を確保し、経済的支援をして核開発プログラムを中止させたことはありますが、すでに核開発を完成した北朝鮮の状況は過去とは違う。韓国、米国、日本など国際社会がその当時、北朝鮮の核問題を軽く扱った結果だ。経済・軍事力のすべての面で弱くなった北朝鮮の唯一の武器は核兵器だけである。今の状態で非核化の可能性はない」と断定しました。

 ハオ・スー中国外務省大学特任教授は「北朝鮮の核は中国に大きな脅威となる。」と前提し、「北朝鮮が生存のために核兵器を戦略的に使用している。非核化のための新しいアプローチが模索されるべきである」と憂慮を述べました。

 イースト・ウエスト研究所のビル・パーカー会長は、「中国、ロシア、米国、フランス、イギリスなど核保有国が存在するが、これらが誤って核兵器を使用する可能性は少ない。北朝鮮の場合は違うのが問題だ。そして大量破壊兵器の開発拡大も懸念される。北朝鮮の核兵器は北東アジア全体への脅威となる。何とか非核化案を導き出すべきだ」と述べました。

 ジョン・キョンヨン漢陽大学国際大学院兼任教授は、「中国の役割が求められる。中国はずっと北朝鮮の核兵器保有に反対してきた」と話し、中国のより強い介入を要求しました。中国が歴史的に北朝鮮に最も密接に関係を結び影響力を広げてきただけに、中国の貢献度を期待したものと解釈されます。

 バク・サンジュン国防大学教授は、「北朝鮮が核武器を継続したい意図を正確に把握してこそ、非核化の方案を準備することができる。事実上の交渉次元の開発目的の可能性が高いと分析し、これを逆利用する戦略をとる必要がある。決して北朝鮮の核兵器保有を許可してはならない」と分析しました。



 コリアリスクグループディレクターのアンドレイ・ランコフ氏は、「ロシアは北朝鮮の核兵器を懸念しているが、そうだと言っても大きな脅威とは考えていない。北朝鮮の非核化も不可能だという認識が高い。現実的に見なければならない。単にユートピア的な楽観を前面に出して時間とコストを無駄にせず、むしろ凍結や北朝鮮の核管理に戦略を変える必要がある」と語りました。

 これに対し、立命館大学の中戸祐夫教授(AKUJapan理事)は反論を提起し、「ほとんどが非核化に悲観的な立場を発表して驚くべきだ。もちろん多くは日本でも北朝鮮の非核化が難しいと言う専門家がいるが、可能性を前提に国際社会が協力と努力を続けなければならない」と主張しました。

 コ・ユファン東国大学北韓学科教授もこれに同意し、「文在寅政府は非核化の可能性を高いことを前提にして朝鮮半島の非核化プロセスを進めている。もちろん条件付きの非核化プロセスで展開されるだろうが、そのような条件を満たして完全な非核化に接近しなければならない。北朝鮮の経済力が変数になることがある。経済成長、体制保障などがどのように展開されるかに応じて、彼らの非核化に対する態度の変化が期待できるだろう」と付け加えました。



 ダグ・バンドゥ米国CATO研究所上級研究員は、「北朝鮮の態度の変化のためには米国と中国が相互牽制を減らし協力関係に進まなければならない」と強調しました。

 ジャカルサイカン・エンクサイカン氏(モンゴル国連元大使、ブルーバーナー会長)は、「核廃棄から核抑止にポジションを変える方法も考えてみなければならない。非核化地帯を設定しこれを拡大していく方法で進むことも方法の一つだ」と語りました。

 今の北朝鮮体制が維持される限り、非核化を達成は難しいというのがほとんどの専門家らの意見でした。非核化問題をめぐり、北朝鮮との利害関係に基づいて立場の違いも存在します。その立場の差を減らし国際社会の同意と支持を引き出すためには、非核化を超えて「統一」を非核化を含む北朝鮮問題の解決策として提示し、共感を形成する努力が必要だという主張も提起されました。

 先に発表した中戸祐夫理事は、「今の韓国政府は統一ではなく、現状維持を目標にしているようだ」との懸念を提起し、「政府の政策が統一に合わせていない場合、統一のための研究も減ることになる。日本は北朝鮮の非核化と北東アジアの安定などのために朝鮮半島の統一を支持し、そのための日米韓同盟を強化しなければならないという立場だ」と主張し、統一準備のための韓国政府のより積極的な努力が必要だと提案しました。


 デビッド・カプララ氏(ブルキングス研究所客員研究員)は、朝鮮半島の統一の方向としてトップダウンではなく、ボトムアップ方式のアプローチが必要だと言い、「このような統一運動の方向が国際社会の正当性を得て、国際社会の支持をもたらすことができるだろう。非核化のためにも統一を実現する必要があり、そのための戦略の議論がさらに要求される」と語りました。