一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

お知らせ

オンラインセミナー「脱北YouTuberキムが語る北朝鮮」を開催しました(全3回のうち2回目)

2023/02/01

前回に引き続き、キム・ヨセフさんのオンラインセミナーの講演内容を掲載しています。前回は「苦難の行軍」の中、家族の死別を経験されたところまでを紹介しました。■必死に働き、必死に生きた10代その後、僕は祖父母の家に戻り、山に行って薪を集めて売ったり、あるいは山の方に行って小さな畑を作って農事をやるなり、薬草を掘って売るなり、もうとにかく何かできることは全てやるような、それが10代の僕でした。 秋になると収穫を終えた畑に行き、見落とした作物を拾って集めたり、川にいって砂から砂金を集めたり、もうそういう十代なので、小学校3年くらいまでは通いましたが、それ以降は学校に行けませんでした。北朝鮮は中学と高校が一緒になっていますが、高校も行くことができずに、ずっと働くという生活で10代を送っていました。 ■亡くなったと思っていた父が送ってきた脱北ブローカー18歳になった時、あるブローカーが僕のところに来て、父から頼まれてきたと言いました。そして「自分たちと一緒に行けば父にも会えるし、こんな生活はもうやらなくていいよ」という話をしました。 僕の10代は、毎日働かないといけないような毎日だったので、もう少し遊びたい時もあったし、子どもとしてやりたいことが全くできないような毎日だったので、当時、もし今のこの飽きた生活から離れて、何か別の生活ができるのであれば、一度そういうことをやってみたいというのもありました。また、その時まで、父もどこかで亡くなったものと僕は思っていました。それで父が本当に生きてるかどうかも確認したいというのがあって、その時に、ブローカーと一緒に行くことにしました。それが1回目の脱北だったのですが、その時は2003年の冬でした。ブローカーと一緒に国境の地域まで行くことに成功して、自分が住んでいた地域と離れたのも、初めてでした。子どもの頃に平壌に一回行ったことがありましたが、それ […]

詳細はこちら

オンラインセミナー「脱北YouTuberキムが語る北朝鮮」を開催しました(全3回のうち1回目)

2023/01/30

AKU Japanでは2022年12月17日、脱北YouTuberとして有名なキム・ヨセフさんを講師としてお招きし、オンラインセミナーを開催しました。大変貴重な講演をいただきましたので、3回に分けて掲載いたします。■北朝鮮でも多かった5人の兄弟姉妹の中に、長男として生まれてはじめまして。キム・ヨセフと申します。僕は1985年に北朝鮮の咸鏡南道(ハンギョンナムド)というところで、7人家族に生まれました。5人兄弟と両親で7人家族だったのですが、北朝鮮でも5人というのはちょっと子どもが多い方でした。なぜそんなに多かったかというと、僕の上に姉が3人いまして、父が長男で、どうしても息子が欲しかったらしく、僕が4番目に生まれ、さらにやっぱり男一人だとちょっと寂しいだろうということで、もう一人、下に弟が一人生まれました。それで5人兄弟になったのですが、北朝鮮でも、だいたい子どもは2人か3 人くらいが多かったです。7人家族で、僕が覚えてる北朝鮮の子ども時代は、小学生の頃までは一応食料配給もあって、食料配給所というところに行けば、まあまあ食料をもらえました。だけどやっぱり子どもが5人もいて、いつも食料が 十分ではなかったのです。それで僕はいつも食料が足りなかったので、祖父母の家で暮らしていました。北朝鮮といえば社会主義で、世帯主である父が働いて、それで家族全員が食料をもらって生活するわけですが、家族が多いので、どうしても食料がいつも足りず、いつも親戚の家とかで少しずつ支援してもらいながら暮らしていました。■90年代半ば、多くの餓死者が出た「苦難の行軍」の中でそういう生活が、子どもの頃ずっと続いていたのですが、それが1990年代に入って、ちょうど半ばごろ、北朝鮮の「苦難の行軍」という非常に経済的に厳しい時期がありました。急にそうなったわけではないのですが、90年代に入ってから少しずつ食料配給の […]

詳細はこちら

9月30日に「ワンコリア国際フォーラム~自由と人権:北朝鮮体制の改革のための国際協力~」が開催されました

2022/10/07

 2022年9月30日、ソウルで開催された「ワンコリア国際フォーラム」で、人権専門家と脱北者らが、北朝鮮政府による、北朝鮮住民の抑圧、飢餓、投獄、処刑といった残酷な現実について議論しました。 「自由と人権:北朝鮮の政治・金融システム改革のための国際協力」をテーマとした本フォーラムは、73年間継続している金一族の独裁体制を改革するための戦略を議論するため、北朝鮮自由週間の一環としてGPF、北朝鮮自由連合、Action for Korea United、One Korea Foundation、NGOモドゥモイジャ、北朝鮮宗教の自由のための国際連帯が共同主催しました。 2005年、日米韓のNGOと脱北者団体で構成される北朝鮮自由連合は、北朝鮮人に対する人権侵害について世間一般の認識を高めるため、北朝鮮自由週間を発足させました。 2004年、米国議会は脱北者や北朝鮮住民を支援するための「北朝鮮人権法」を可決させ、フォーラムでは複数の議員がビデオメッセージを通じて北朝鮮住民との連帯を表明しました。 フォーラムでは、北朝鮮自由連合代表のスザンヌ・ショルティ氏、民主主義防衛財団上級研究員のデビッド・マックスウェル米大佐、脱北者でありGPF研究員の李ヒョンスン氏、北朝鮮人権委員会の事務局長グレッグ・スカラトゥ氏、米国NBA選手で人権擁護団体のエネス・カンターフリーダム氏らが参加しました。 北朝鮮の人権侵害に関する国際的な専門家であるスーザン・ショルティ氏スーザン氏は、韓国の尹 錫悦(ユン・ソギョル)大統領が僅差で当選したのは、文在寅政権の親北政策下で多大な弾圧を受けた脱北者たちの行動によるものだと指摘しました。「脱北者たちは選挙を文字通り生死の境と見ていた 」と、文政権が北朝鮮に行く情報をすべて遮断する取引をしたことに言及しました。文氏が支持した北朝鮮への情報発信を禁止するビラ散布禁止法 […]

詳細はこちら

8月15日に韓国・イルサンのキンテックスで「Action for Korea United Festival」が開催されました

2022/08/24

 8月15日、韓国では第77回目に当たる独立記念日を記念して、韓国イルサンのキンテックスで「Action for Korea United Festival」が開催されました。 今回のイベントの共催団体は、全国に会員を持つ市民団体の代表である、大韓民國憲政会、大韓老人会、大韓民國在郷警友会、韓国芸術文化団体連合会、韓国統一指導者同盟、韓国系アメリカ人協会連合会、AKUなどです。 キンテックスには、南と北、そして在外コリアン、さらに朝鮮半島の平和的統一を目指す国際的な参加者たち2万人が集まりました。 このフェスティバルは、「第二次三・一運動」と呼ばれる市民社会主導のキャンペーンを開始するものでした。1919年3月1日に朝鮮半島で起こった三・一運動は全国民的な独立運動として盛り上がりましたが、100年前と同じく国民が主体となって、今度は朝鮮半島統一のビジョンに向かう運動です。そして、このキャンペーンは、解放80周年を迎える2025年には「1000万人行進」に向けて、今後3年間実施される予定です。

詳細はこちら

「ボトナム通り」リニューアルプロジェクト 勉強会を実施しました

2022/08/09

 8月6日(土)に当法人代表理事である川崎栄子が講師をつとめ、「ボトナム通り」リニューアルプロジェクト勉強会をオンラインで実施しました。 今回は韓国からの参加者もいらっしゃる中、北朝鮮への”帰国事業”が行われた経緯を改めて説明しました。また、二度と同じ過ちを繰り返さず、自由と人権の尊重のため、川崎代表が脱北後に行ってきた一連の活動と、その一つである「ボトナム通り」リニューアルプロジェクトについての説明が行われた後、最後に質疑応答の時間を設けました。    講演内容の一部を抜粋します。ー解放後の在日コリアン■朝鮮半島(韓半島)を日本が支配するようになり、朝鮮半島の人たちが色々な理由で日本に渡ってきた。■終戦後、朝鮮半島は「解放」された。当時、200万人の在日コリアンが日本に住んでいた。朝鮮半島に戻っていった人と、行き遅れた人たちがいた。私の家族も幼かった私が病気になったということで残っているうちに、日韓を結ぶ船が切れて日本に残った。日本が好きで残るという人もいた。朝鮮半島に戻ってみたら分断状況で不安定だったので、日本に帰ってきたという人もいた。■1950年くらいにはそのような人の出入りが落ち着いて、在日コリアンは60万人と言われた。潜りの人も入れると70万人とも言われた。■当時は日本自体も生活が大変な時代だったため、社会の最下層に置かれた在日コリアンの生活は特に苦しかった。ー朝鮮戦争と在日コリアン■北朝鮮の首領となった金日成は1950年6月25日に一斉に韓国に攻め込み、3年間、血で血を洗う戦いになった。■朝鮮半島が南北に分かれる中、日本でも北を支持する人たちと南を支持する人たちに分かれた。北を支持する「在日朝鮮人連盟」(のちの朝鮮総連)と南を支持する「在日本大韓民国民団」。■朝鮮戦争当時、民団は直接軍人を送ったり、在日朝鮮人連盟は日本国内で米軍基地を襲撃するなどしな […]

詳細はこちら