一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

お知らせ

韓国AKUニュース:2021年AKUソウル本部会長団による戦略ワークショップを開催

2021/06/13

原文:http://www.koreaunited.kr/archives/5937  5月9日から2泊3日間、済州島で行われた今回のワークショップでは、今年4月に就任したイ・ビョンチョン・ソウル本部常任議長をはじめ、ソウル市各選挙区の40名余りの会長陣が参加しました。参加者は、済州ワークショップを通してAKUの活動抱負を誓い、親睦を深める時間を持ちました。 1日目は9日、「タムナステイ済州ホテル」セミナー室で、ワークショップ開会式を開催。開会祝賀のために、「ナモソム」がオカリナ演奏を披露しました。ナモソムは、「分かち合い(ナヌム)、侍る(モシム)、仕える(ソムギム)」を意味するそれぞれのハングルの頭文字を取って付けた名前で、シニアオカリナ演奏チームです。2013年から、韓国と北朝鮮出身の住民によって構成された25人が、音楽を通して生活密着型の統一運動を行っています。    祝賀演奏の後には、役員陣の任命状授与式と歓迎の挨拶が続きました。イ・ビョンチョン・ソウル本部常任議長は、歓迎の辞で「今回のワークショップは、ソウル市の各区会員たちが統一の価値を知り、そのための能力を養うための指導者研修教育となるだろう」とし、「AKUは(ワークショップを通して)、今後どのような内容で周囲の隣人と住民たちに統一の必要性を伝えていくかをよく考え、広報していくことができようにしなければならない」と述べました。 続いて、徐仁澤(ソ・インテク)AKU中央共同常任議長の特別講義が行われました。約3時間にわたる熱のこもった講義となりました。特別講義第1部「朝鮮半島統一の歴史的機会とコリアンドリーム」では朝鮮半島をめぐる国際情勢及び歴史を紹介し、第2部では「統一朝鮮半島のビジョンは何か」をテーマに弘益人間の精神を説明して、統一践士が目指すべきムーブメントを紹介しました。 ワークショップ2日目の […]

詳細はこちら

AKUJapan設立3周年記念フォーラム 「自由で統一された朝鮮半島のための国際協力―誰も語ったことのない朝鮮半島情勢を含めてー」を開催します

2021/06/07

 2012年、朝鮮の建国理念である”弘益人間”の精神に基づき、Action for Korea Unitedが韓国で創設されました。その6年後、2018年6月18日に、衆議院議員会館での創設大会を持ち、日本でも正式に組織として出発しました。 日本では人権問題を中心としたテーマで、各地での講演会を行い、コロナ禍に入ってもオンラインを通した情報発信を重ねてきました。今回、AKUJapan設立3周年となるこの日に、AKUJapanのこれまでの歩みを振り返りつつ、朝鮮半島統一へ向けたこれからの取り組みについて語ります。 多くの方々のご参加をお待ちしております。日時:2021年6月18日 午後7時~8時30分(Zoomオープンは6時45分)場所:オンライン(Zoomウェビナー形式)内容:第1部 祝賀メッセージ徐 仁澤(ソ・インテク)AKU Korea 共同代表2012年に創立された韓国の数多くの朝鮮半島統一を願う市民団体の連合体であるAction for Korea Unitedの共同代表。ONE K グローバルキャンペーン共同組織委員長を務め、2016年には韓国の政府機関である国務総理室にて国政課題評価委員を歴任した。成均館大学大学院修士課程修了。2014年統一部長官賞受賞。柳在豊(リュ・ジェプン)ワンコリア財団 会長米国ロヨラ大学の名誉教授で、米国の市民団体であるワンコリア財団(One Korea Foundation)の創設者であり会長。ソウル大学法学部を卒業し、ミネソタ大学にて社会学の博士号を取得。歴史、紛争解決、人口統計学、社会制度のミクロ社会学的解釈を研究し教えた。2人のバルチモア市長のアドバイザーを務め2015年には韓国の光復節の70周年の記念行事を米国会とリンカーンメモリアルでワンドリームワンコリアのキャンペーンとしてKPOP歌手などと共に開催した。李勝來(リチャード […]

詳細はこちら

2.8独立宣言文記念フォーラムと3.1独立運動102周年記念フォーラムの動画が公開されました

2021/06/01

 今年の2月8日に開催された「2.8独立宣言文 記念フォーラム~2.8独立宣言文の意義とコリアンの未来~」及び、3月1日に開催された3.1独立運動102周年記念オンラインフォーラム「3.1独立運動の精神が示す朝鮮半島平和的統一のビジョンと国際協力」の動画が完成しました。以下より動画をご覧いただけます。  それぞれ、講演部分と質疑応答部分を分けておりますので、ご希望の箇所よりご覧ください。 2.8独立宣言文 記念フォーラム第一部 川崎栄子 AKUJapan代表理事と白栒(ペクスン)博士(2.8独立宣言文起草者 白寛洙博士の御子息)による講演部分第二部 青年からの提案(日本、アメリカ、中国から3人のコリアンによる発題)第三部 質疑応答部分3.1独立運動102周年記念フォーラム第一部 講演部分 徐 仁澤(ソ・インテク)AKU Korea 共同代表 、柳在豊(リュ・ジェプン)ワンコリア財団 会長、川崎栄子 AKUJapan代表理事による講演部分第二部 質疑応答部分 村主道美(むらぬし みちみ) 学習院大学法学部政治学科教授の質問、徐 仁澤(ソ・インテク)AKU Korea 共同代表の回答、小川 晴久(おがわ はるひさ)東京大学名誉教授のご意見

詳細はこちら

3.1独立運動102周年記念オンラインフォーラム「3.1独立運動の精神が示す朝鮮半島平和的統一のビジョンと国際協力」を開催しました

2021/04/15

 3月1日に3.1独立運動102周年記念オンラインフォーラム「3.1独立運動の精神が示す朝鮮半島平和的統一のビジョンと国際協力」を開催しました。 102年前の3月1日に当時、日本の植民地下にあった朝鮮半島で始まった3.1独立運動の基礎となった精神をふり返り、現代に及ぼす意義について、韓国・米国・日本の市民社会のリーダーにお話いただきました。 以下、要旨を抜粋します。第一部 講演徐 仁澤(ソ・インテク)AKU Korea 共同代表―米中覇権戦争の行方■中国に対する批判の高まり。コロナウイルス、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒の宗教弾圧などの人権問題。また、香港の国家保安法の成立。宗教の自由、良心の自由を弾圧する中国の姿が露わになってきている。■トランプ政権は貿易戦争により中国を圧迫した。バイデン政権に代わり、それに加え、人権、民主主義など価値問題を加え、圧迫を加えている。■世界の強大国であるアメリカと中国のこのような争いを見た時、どのような国家となるのを選択するのか、という課題が生じる。すなわち、宗教の自由を弾圧する中国のような国家か、宗教の自由を憲法の第一条項においているアメリカのような国家を選ぶのか、という問題である。―現在の北朝鮮■UNを中心とした経済制裁、コロナウイルス、洪水被害で、国家 全体が非常に苦しい状態にある。■昔は韓国政府が北朝鮮を支援したが、今は簡単ではない状況。このような状況を、統一のための新しい機会だと捉えることが可能。■国際社会は核問題の解決のためにのみ動いてきたが、核問題だけを別に扱ってはいけない。UNをはじめとした国際社会が、統一をフレームワークに入れるべきである。■そのためには国際社会を説得するための努力が必要。しかし、統一問題をめぐっては、韓国内が理念で分裂している状況。明らかに統一のチャンスは来ているが、統一を成すためには先決課題がある。そ […]

詳細はこちら

2.8独立宣言文 記念フォーラム~2.8独立宣言文の意義とコリアンの未来~を実施しました

2021/02/27

 2月8日に2.8独立宣言文 記念フォーラム~2.8独立宣言文の意義とコリアンの未来~を開催しました。  当日は日本、中国、アメリカから参加したスピーカーが、2.8独立宣言文の精神に立ち返り、その現代的な意義と、今後、私たちにできる行動について語りました。 多くの内容の中で、要点を抜粋します。 川崎栄子 AKUJapan代表理事■2.8独立宣言文について、改めて勉強をした。勉強をしながら、感動の連続だった。運動の理念がその後の3.1独立宣言の背景と、朝鮮半島だけでなく、アジアのその後の活動の基本となり、今日までも流れている。■3.1運動の先駆けとして、日本にいた朝鮮半島からの留学生11名が独立宣言文を作成、朗読。内9名が逮捕、2名がソウルへ。それが基礎となって、3.1独立宣言文が起草された。■日本で生まれた在日として、祖国の未来のために、頭を突き合わせて考え、このような宣言文が出たことが嬉しかった。正義と自由を元にした民主主義を成し遂げる、という2.8独立宣言文の内容は、時代は変わっても、正しいことは変わらないということを示している。■AKUのスローガン”ワンドリーム、ワンコリア、ワンワールド”という理念に通じる、普遍的な理念が100年以上前にすでに存在していた。武力抗争ではなく、独立ののちには一緒に発展していこう、という理論がすでにあった。■朝鮮半島の南には自由、民主主義が存在しているが、北半分は暗黒の地である。2300万人の国民が何の権利、自由もなく、1日1日を命の危険に怯えながら過ごしている。北朝鮮を民主化し、北朝鮮の人々に、人間の世界の素晴らしさ、統一コリアを作り上げてこそ、私たちの目的が達成される。■今、世界で一番大きな問題は韓半島の問題。他にも問題はあるが、それはあくまで紛争に過ぎない。冷戦時代の東西陣営の接点として分断され、その後の経過は南北の現実が如実に表し […]

詳細はこちら