一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

お知らせ

オンラインセミナー 「あきらめない心」講演会のお知らせ 講師:ちゃんへん氏(世界的在日コリアンパフォーマー)

2020/10/13

 10月24日(土)19時から、在日コリアンであり、世界的なプロパフォーマーである、ちゃんへん(本名:金昌幸)氏をお招きし、オンラインセミナー を行います。  在日コリアンとして苦労を重ねながら、現在は世界的なパフォーマーとして世界を飛び回りながら活躍を続けるちゃんへん氏。 その活躍の裏には、どのような試練があり、それに打ち勝ってきたのか。  在日コリアンというアイデンティティを強さに変え、現在の活躍を築き上げた氏に、その秘密を伺います。 日時:10月24日(土)19:00~20:30場所:オンライン講師:ちゃんへん(本名:金昌幸)氏プロフィール1985年10月10日、京都府宇治市に生まれる(現在・京都府京都市在住)。小学6年生の時に雑誌の懸賞で当選したハイパーヨーヨーがきっかけでヨーヨーを始め、その延長で中学2年生の時にジャグリングと出会い、プロパフォーマーが将来の夢となる。日々の練習を積み重ねた結果、半年後には地元のイベントに多数出演する名物少年になり、2000年の夏、アメリカ合衆国のカリフォルニア州で行われたパフォーマンスを競う大会、『USフリースタイル・コンテスト』にて、弱冠14歳で金メダルを獲得した。そんな彼の名を世に知らしめたのは『大道芸ワールドカップin静岡2002』だった。最年少17歳でオン部門に出場し、観客の人気投票で1位を獲得。プロパフォーマーとなる。プロとしてのキャリアを華々しくスタートさせ、約2年間で47都道府県での営業を達成する。高校卒業後、活動の場を国外にも広げ、これまで82の国と地域で公演を行った。2009年からは日本を代表する娯楽施設、東京ディズニーリゾートイクスピアリと、大阪ユニバーサルシティウォークの公認パフォーマーとなる(現在は契約終了)。2010年『第50回ムーンバフェスティバル』にて最優秀パフォーマー賞を受賞。10周年を迎えた201 […]

詳細はこちら

オンラインセミナー「北朝鮮エリートの視角と経験」~祖国の民主化と平和統一を目指して~ 講師:李炫昇(リ・ヒョンスン)氏を実施しました

2020/10/13

 9月26日に脱北者であり、現在は米国在住の北朝鮮関連コンサルタントの李ヒョンスン氏(34)を招き、「北朝鮮エリートの視角と経験」というテーマでオンラインセミナーを開催。当日は80名近くの参加者が集まる中、北朝鮮でエリートとして育ち、経験してきた様々な北朝鮮内部の実情や、李氏自身と家族が脱北に至った背景などを語りました。  李氏は主に、 1.自身の家族が亡命した動機と背景2.北朝鮮エリートの一人として生きてきた背景と経験3.北朝鮮のエリートたちの日本、韓国、米国、中国に対する視角4.有名ドラマ「愛の不時着」に対する李氏自身の考えと、朝鮮半島の統一のための北朝鮮のエリートたちの視角  について語りました。  多くの内容の中から、要点を抜粋します。全ての内容をご覧になりたい方は、以下から動画を視聴ください。 李氏の家族が亡命した動機と背景■2014年10月、名誉、権力、富など全てを捨て亡命。容易ではない決断だったが、自由を求めて北朝鮮を去る。幸いなことに父が北朝鮮で特別な地位にあり家族が中国に居住していたため亡命の決断や過程がより自由だった。■李氏の父(李正浩氏)は、約30年間、北朝鮮の朝鮮労働党39号室で上級職経済官僚として勤務。 その間北朝鮮の次官級に匹敵する地位を二回ほど務める。国に献身した功労で、北朝鮮の最高の栄誉である「努力英雄」の勲章とメダルも受けた。北朝鮮の経済発展のための政策を作り、中国での活動では、北朝鮮への大々的な投資を引き出す。■国への献身したことにより北朝鮮のエリート層から多くの信頼と尊敬を受けたが、亡命を決断。理由は金正恩の残虐非道な処刑と粛清が理由。叔父の張成沢を始め、約500人にも及ぶ人を粛清。政治犯収容所に送られた彼らの家族や親戚まで合わせれば、1万人を超える人々が処罰を受けた。■その後も1年近く粛清が続く。金正恩執権の6年間に殺された多くのエリ […]

詳細はこちら

オンラインセミナー「朝鮮半島情勢と日米の役割」講師:五味洋治氏(東京新聞論説委員)を実施しました

2020/09/17

 9月13日(日)の午後1時より、AKUJapan9月度オンラインセミナーを開催しました。今回は、東京新聞の論説委員であり、朝鮮半島情勢の専門家でいらっしゃる、五味洋治氏をお招きし、「朝鮮半島情勢と日米の役割」というテーマで講演をいただきました。 当日は70名以上が参加し、五味氏により昨今の北朝鮮内部情勢の解説及び、周辺国の政治動向も踏まえた予測を伺いました。 講演に先立ち、川崎栄子代表理事よりAKUJapanの紹介がありました。 AKUが統一を実践する人、として韓国での発足以来、朝鮮半島の平和的統一のための活動をしてきたが、今、統一を成し遂げるべき時期に来ている。分断が朝鮮半島の人々の意思でされたのではない以上、統一のためにも外力が必要だとし、また、統一後は自由と民主主義を尊重する政権になって欲しいと述べ、集まった人々にも運動への参加を呼びかけました。 その後、五味氏が以下の3つの点を中心に講演をされました。 1.「愛の不時着」から見える北朝鮮の実態2.三重苦の北朝鮮経済3.今後の日本とアメリカの役割 話題のドラマ「愛の不時着」の誕生背景■北朝鮮の実情が非常によく描かれている。韓流ドラマの中で描かれる北朝鮮。■韓国での有名映画作家のパク・ジウン氏は、「愛の不時着」の構想を2008年から持っていた。脱北作家のカク・ムンワン氏がこのドラマのリアリティを出すために非常に一役買っていた。北朝鮮の権力構造をよく知っているカク氏の描写が描かれている。「愛の不時着」南北2人の作家■ドラマを制作する際、「北朝鮮の最高指導部の権威を傷つけない」「人権問題に触れない」「収容所問題に触れない」この3つは最初の約束だった。■実はこのドラマは、韓国内では大ヒットしたドラマではない。なぜかといえば、北朝鮮をテーマにしたドラマは韓国人には抵抗感がある(美化しすぎている)から。■韓国では映画の事前検閲が […]

詳細はこちら

ワンコリア国際フォーラムがオンラインにて、世界で3,000人を集め開催されました

2020/08/27

 8月15日 光復節75周年を記念し、ワンコリア国際フォーラム「世界的な変化の中での再編 -自由が保障された統一コリアへの新しい機会 -」が世界から3,000人の視聴者を集めてオンラインにて開催されました。 AKU-USAの副会長で在米コリアンのアンドリュー・ソル氏の司会により始まったフォーラムは韓国国会の外交統一委員会委員長をされたAKU共同代表のキム・チュンファン(金忠環)博士が、3万5千人の脱北者が早く北の家族と再会できることと、核問題と共に南北統一の問題も論じ革新的な方法を提示するフォーラムになることを願う開会の辞を述べ、次に共同主催者のジム・P・フリンGPF世界会長が開会の辞として、2年間の朝鮮半島問題を最終的に解決するという楽観は煙のように消えたが、新しい視角と包括的な戦略をもって激動の再編の時期に新しい意味のある機会を見つけ、自由と人権、法治を守護する統一コリアが最も緊急かつ即決の最優先課題だと強調しました。 スピーカーとして最初にスクリーンに登場した元駐米大韓民国大使であり北韓大学院大学校総長のアン・ホヨン(安豪栄)大使は南北連絡事務所の爆破は北朝鮮側の挫折であり、その挫折は大量破壊兵器に対する自身の執着から起因したゆえ、最初に北朝鮮が核兵器を放棄し、敬意と信頼によって韓国にアプローチすべきだと訴えました。国際面としてドイツの統一が米国のブッシュ大統領とドイツのヘルムート・コール首相間のパートナーシップに起因したことを上げましたが、残念ながら北東アジア地域の国家関係は過去一年間悪化の一路をたどり、コロナウイルスも問題を悪化させたと指摘しました。そして常に統一に対して考え、話し、統一を準備する活動をすることを私たちに願いました。 次に現在中国の国務院の顧問であり、中国グローバリゼーションセンター 創設者兼会長のワン・フイヤオ(王辉耀)博士は核のない朝鮮半島の平 […]

詳細はこちら

ナ テジュ・Kタイガースゼロ 8月15日の光復節に統一の願いを込めた曲を発表

2020/08/06

 最近「テコントロット」を披露して話題を集めているナ・テジュと所属グループ「Kタイガースゼロ」が、朝鮮半島統一の念願を込め歌った曲「ナンバーワンコリア」(Number One Korea)が8月15日の光復節を期して公開されます。過去2015年から統一の歌を発表してきたワンコリアグローバルキャンペーンの一環です。 歌の制作にはソン・デクァンの「4拍子 네박자」、ナンジンの「巣 둥지」、ヒョンチョルの「鳳仙花恋歌 봉선화 연정」など数多くの演歌ヒット曲を誕生させた作詞・作曲家のキム・ドンチャン氏が参加しました。「願えば何でもかなうナンバーワンの国 / 引き裂かれた心を抱き抱いて / 左右の翼で飛ぶ鳥のように…」などのような南北統一を祈願し、世界の平和に貢献する統一国家の姿が歌詞に入っています。 キム・ドンチャン氏は曲制作中に行われたインタビューで、「鳥が2つの翼でバランスを成し飛んでこそ、高く遠くに行くことができるように、南南・南北間に存在する対立を互いに乗り越え包容していくときに、統一は自然に成されていくだろう」と歌詞を書いた背景を説明しました。 彼は続いて、「最近、新型コロナウイルスにより社会活動や経済全般にわたって萎縮した面があるが、この歌を通じてさらなる力を得ることを願います」と伝えました。 新しい統一の歌は、軽快なリズムに「中毒性」のある歌詞が加わったセミトロット曲でナ・テジュが全パートを歌い、Kタイガースゼロのメンバーがバックアップボーカルを加え完成しました。テコンドーパフォーマンスとグループダンスも加わり聞くに良く見る良いものが合わさる舞台がミュージックビデオを通して公開されます。  すでに6月に音源録音を終えたナ・テジュは、「意味のあるキャンペーンに参加することになって嬉しく光栄だ。テコンドーパフォーマンスと一緒に舞台を飾って多くの方々に披露できる […]

詳細はこちら