一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

お知らせ

ナ テジュ・Kタイガースゼロ 8月15日の光復節に統一の願いを込めた曲を発表

2020/08/06

 最近「テコントロット」を披露して話題を集めているナ・テジュと所属グループ「Kタイガースゼロ」が、朝鮮半島統一の念願を込め歌った曲「ナンバーワンコリア」(Number One Korea)が8月15日の光復節を期して公開されます。過去2015年から統一の歌を発表してきたワンコリアグローバルキャンペーンの一環です。 歌の制作にはソン・デクァンの「4拍子 네박자」、ナンジンの「巣 둥지」、ヒョンチョルの「鳳仙花恋歌 봉선화 연정」など数多くの演歌ヒット曲を誕生させた作詞・作曲家のキム・ドンチャン氏が参加しました。「願えば何でもかなうナンバーワンの国 / 引き裂かれた心を抱き抱いて / 左右の翼で飛ぶ鳥のように…」などのような南北統一を祈願し、世界の平和に貢献する統一国家の姿が歌詞に入っています。 キム・ドンチャン氏は曲制作中に行われたインタビューで、「鳥が2つの翼でバランスを成し飛んでこそ、高く遠くに行くことができるように、南南・南北間に存在する対立を互いに乗り越え包容していくときに、統一は自然に成されていくだろう」と歌詞を書いた背景を説明しました。 彼は続いて、「最近、新型コロナウイルスにより社会活動や経済全般にわたって萎縮した面があるが、この歌を通じてさらなる力を得ることを願います」と伝えました。 新しい統一の歌は、軽快なリズムに「中毒性」のある歌詞が加わったセミトロット曲でナ・テジュが全パートを歌い、Kタイガースゼロのメンバーがバックアップボーカルを加え完成しました。テコンドーパフォーマンスとグループダンスも加わり聞くに良く見る良いものが合わさる舞台がミュージックビデオを通して公開されます。  すでに6月に音源録音を終えたナ・テジュは、「意味のあるキャンペーンに参加することになって嬉しく光栄だ。テコンドーパフォーマンスと一緒に舞台を飾って多くの方々に披露できる […]

詳細はこちら

ワンコリア国際フォーラムが8月15日に実施されます(参加者募集中)

2020/07/30

光復75周年、8月15日朝8時より「世界的な変化の中での再編 ー 自由が保障された統一コリアへの新しい機会 ー」と題して、ワンコリア国際フォーラムがオンラインにて開催されます。新型コロナウイルスの大流行によって、世界のすべての面で「ニューノーマル」になっています。多くの歴史学者たちは、過去の流行病が世界の地政学と人類の文明に重大な影響を及ぼしたという点に注目しています。世界秩序に影響を与える大規模な社会的、経済的、地政学的な変化は、朝鮮半島も例外ではありません。そして米中の覇権争い、韓国政治の極端な二極化、北朝鮮による南北連絡事務所の爆破、予測不可能な金正恩委員長の健康状態、中朝国境封鎖など朝鮮半島情勢は新たな局面を迎えています。Action for Korea United (AKU)は、コリアン共通のアイデンティティと文化遺産をもとに、自由と民主的価値、非核化、法治主義と人権の実現を目指してコリアン主導の平和的統一のために国際的コリアンのネットワークとコンセンサスを確立する運動を継続して推進してきました。今こそ、新しい包括的な統一のアプローチが必要です。今回のオンラインでのZOOMフォーラムシリーズは、国際的な著名な学者、政策立案者、ジャーナリスト、市民社会の指導者を招待し、世界情勢の変化の状況を認知して、朝鮮半島統一の新たな機会を模索し、弘く人間社会を利するという弘益人間の理想が実現される自由統一された朝鮮半島の実現のための具体的なロードマップを模索する予定です。多くの方々が参加されますことを願っております(日本語の通訳あります)。申請は以下のフォームから。https://ws.formzu.net/fgen/S13406151/8月15日午前8時よりZOOMオンラインワンコリア国際フォーラム「世界的な変化の中での再編 -自由が保障された統一コリアへの新しい機会 -」 […]

詳細はこちら

オンラインセミナー「朝鮮戦争70周年、認識の相違と未来」を実施しました

2020/07/28

 6月28日に、「朝鮮戦争70周年、認識の相違と未来」をテーマにオンラインセミナーを実施しました。 朝鮮戦争70周年のOne Dream One Koreaのビデオと紹介の映像の後、司会の梁知身事務局長がAKUの活動を集会しました。顧問の山田文明「守る会」名誉代表、前県会議員、共同通信社、コリアントゥディ、市民団体などから45名が参加しました。  登壇者の3名(左から、川崎栄子代表理事、姜英之副代表理事、小川晴久東大名誉教授) ■川崎栄子代表理事 講演内容抜粋 今日は、6・25朝鮮戦争70年に際して話させていただきます。朝鮮半島は1910年に日本の植民地になり35年間日本の植民地でした。そして日本が敗戦することになって初めて 解放ということになったわけです。  1948年8月15日に南の方に先に、大韓民国が建国されました。そして9月9日に北朝鮮には朝鮮民主主義人民共和国が建国されたわけで、そして今日まで二つに分かれたままの状態です。上海臨時政府が後で二つに分かれたことによって金日成と言う全く新しい指導者をソ連は打ち出し、そして韓国では北寄りだった金九とか呂運亨そういう人たちを排除してアメリカは李承晩を大統領として立てました。  金日成は1950年6月25日未明に 38度線全線において進撃を開始しました 。 その日は日曜日でしたから韓国軍もアメリカ軍をみんなお休みの日でした。だから寝耳に水だったわけです。ですから速い速度で北朝鮮が進撃しました。 高校生になって朝鮮高校へ通うようになって教わったのは朝鮮戦争がアメリカと韓国による北朝鮮を侵略する為の侵略戦争であったと、しかし、北朝鮮行ってみると、日本で朝鮮総連が宣伝した北朝鮮の地上の楽園生活は完全に嘘だったということがバレてしまいました。ただ一度、私が大学3年生の時、先生が「朝鮮戦争は北朝鮮から進撃した」と金日成が南進を主張した […]

詳細はこちら

決算公告

2020/06/17

 第2期(2019年度)の決算公告はコチラからご覧ください。 第1期(2018年度)の決算公告はコチラからご覧ください。

詳細はこちら

オンラインセミナー「金正恩をはじめとする北朝鮮の最近の動向」を開催しました

2020/06/10

 5月17日にオンラインにて、「金正恩をはじめとする北朝鮮の最近の動向」セミナーを実施し、会員や非会員の方々合わせて40名強が参加しました。  今回は、1. 川崎栄子代表理事による北朝鮮の最近の動向の解説2. 川崎栄子代表理事・姜英之副代表理事の対談3. 質疑応答 という流れで行われました。  第一部の川崎栄子代表理事による解説では■金正恩重体説が飛び交っていたが、公式発表があるまでは様々な憶測はすべきでない■一方で、北朝鮮の経済はかなり厳しい状況にある。一説には、今年末には国庫がなくなるとの話も。その状況に備えて、コンピューター技術を扱う学校を爆発的に北朝鮮国内で増設している。■金正恩政権と文ジェイン政権の間で、高麗連邦制による統一が話されているようだが、今の北朝鮮の政治はトップ1%が握っているため、このまま統一しても国家としての体をなさない。■現体制を変えるためには、アメリカが関与するより他はない。米朝首脳会談の失敗を踏まえ、米政権が再度働きかけるべき。  との話が出ました。 また、第二部の対談では、川崎代表と姜副代表の対談の形式で進行されました。■昨今のコロナウイルス が北朝鮮国内に与えた影響は大きく、ウイルスにより逼迫した国内情勢への対外国のサポートを北朝鮮政府が拒絶しているが、それは自らの首を締めることにならないか。■また、コロナウイルス の発祥に際して、北朝鮮政府は早い段階で国境封鎖に踏み切ったが、それは密貿易の封鎖も意味することとなり、そのことが国民の生活にも大きく影響している。■農村の食糧が逼迫しており、今年の農業生産、穀物生産に国内経済の状況が大きく左右されるだろう。 との内容が話されました。 第三部の質疑応答の時間では■今、AKUジャパンは韓国のAKUとどのように連携して運動を進めれば良いか■名実ともに幹部を把握している崔竜海が40~50日ほど姿を見せま […]

詳細はこちら