一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

お知らせ

「ソンジュの見た星」オンラインセミナーを開催しました

2021/01/28

 1月17日に脱北者の李ソンジュ氏を招き、「ソンジュの見た星」というタイトルでオンラインセミナーを開催。当日は80名を超える視聴者の方が参加しました。 今回のオンラインセミナーのタイトルでもある「ソンジュの見た星」ですが、元々はソンジュさんが英語で書いた、”Every Fallen Star”の邦訳であり、日本でも2018年に発売されています。  まずは、AKUJapan代表の川崎栄子氏から、ソンジュさんの紹介がありました。 川崎氏はソンジュさんを「多くの脱北者の中でも特別な存在。平壌に住んでいた一家が言われのない罪を被せられ、地方へ追放された後、食べていくことができない状況に、父親が食料を得るために家を出、そのあと、母親も食料を探しに家を出たままいなくなった。4年間、浮浪児として過ごしたあと、韓国へ渡り、自由の社会にきた後の人生は、脱北者だけでなく、全ての若者たちが見習うべき人生だと感じる」とソンジュさんの人生を紹介しました。  次にソンジュさんから、北朝鮮での経験や、韓国で定着しながら経験したことを振り返りながら、お話がありました。多くの内容から、要点を抜粋します。 ―北朝鮮という国とは■朝鮮半島は小さく、その中でも2つの国に分かれている。2300万人の北朝鮮の人々が多くの被害を受けている。平壌とそれ以外の地方では暮らしに明らかな差がある。■平壌とそれ以外の地域は大きな差がある。下の写真で真ん中に見えているのが大同江ホテル。下の写真は平壌の外。家ごとに煙突があり、石炭や気を炊くもの。―平壌で過ごした幼少期。そして、地方への追放■自分が脱北して依頼平壌は発展したが、それ以外の地方は発展していない。■父親が軍人であり、ソンジュさんの小さい頃の夢も軍人だった。父親は金日成の死後、3年間、権力の近くにいたがお酒の席での「北朝鮮にはもう希望がない」が当局に通報され、地方に追放。軍 […]

詳細はこちら

2.8独立宣言文 記念フォーラム~2.8独立宣言文の意義とコリアンの未来~のお知らせ

2021/01/26

 1919年3月1日から始まった三一独立運動から、今年は102年目になります。 日本では一般的には反日独立運動として知られている運動ですが、三一独立宣言文には、当時韓国を併合した日本を敵としてではなく、東洋の平和を築くための盟主として協働しようとする高い理想と願いが謳われています。この三一独立運動は非暴力的独立運動の先駆けとなったとも言えます。 その三一独立運動が起こる約1ヶ月前、当時朝鮮半島を統治していた日本の首都東京で、在日朝鮮人の大学生が中心となって2.8独立宣言文を発表し、民族の自決を訴え、自由と独立を希求しました。この宣言文と若者たちによる独立活動が三一独立運動へとつながっていきました。ハンギョレ新聞社ウェブサイトよりhttp://japan.hani.co.kr/arti/opinion/32738.html 現在、K-POPや韓国ドラマ、サムソンなどコリアンの文化と製品が世界的に広がる一方、南北、南南(韓国内の対立)日韓などの様々な葛藤が深刻化しています。100年前、若者たちが自由と独立を宣言した2.8の精神を振り返り、朝鮮半島や東アジアの平和のためにコリアンが再度一つとなり、対立を超えて理想を求め、共に発展、繁栄するために何が必要かを包括的に議論する機会を以下のように持ちます。日時:2021年2月8日 19:00~21:00場所:オンライン内容:■第一部 記念講演「2.8宣言の背景」川崎栄子代表「2.8運動の現代的な意義」白栒(ペク・スン)博士(2.8独立宣言文起草者 白寛洙博士の御子息) 【白栒博士プロフィール】学歴:1962年韓国、ソウル大学法学部を卒業、 1968年高麗大学にて経済学修士を取得。 1969年米国オハイオ州大学にて経済学修士を取得。1976年ウェストバージニア大学にて経済学博士を取得。経歴:1979年米国UNDP特別顧問。1977〜80年 […]

詳細はこちら

北朝鮮に宗教の自由が認められるとき、韓半島の統一も実現する~「第2回北朝鮮の宗教と信仰の自由週間」が終了しました

2021/01/22

11月13日、麻浦(マッポ)文化院の大講堂で「第2回北朝鮮宗教と信仰の自由週間」国際フォーラムが開催されました 11月12日から15日までの4日間にわたって開かれた「第2回北朝鮮宗教と信仰の自由週間」の公式開会式及びフォーラムが13日午後6時、麻浦文化院の大講堂で開催されました。 2019年6月に公式に創立された北朝鮮宗教と信仰の自由国際連帯(ICRFN:International Coalition for Religious Freedom in North Korea以下、北朝鮮宗教自由連帯)は、昨年11月に「第1回北朝鮮宗教と信仰の自由週間文化祭」を開催し、北朝鮮住民の自由と人権改善を祈願する祈祷会を開きました。  今年で2回目を迎えた今回の行事は、北朝鮮宗教自由連帯とともに、国際宗教自由ラウンドテーブル、アライアンス・フォー・コリア・ユナイテッド(AKU-USA)、CNU国家戦略研究所が共同主催し、AKU、韓半島の人権と統一のための弁護士の会が協力しました。  チョ·ハンピル北朝鮮宗教自由連帯事務総長の司会で始まった開会式でソ·ジョンファン準備委員長はアメリカ奴隷制廃止の先頭に立ったマーティン·ルーサー·キングの「私には夢がある」という言葉に触れ、「私たちにも夢がある。 韓半島の北方の地に人権が回復し、宗教と信仰の自由が保障される日が来ることを夢見ている。 過去、国連安保理で呉俊(オ·ジュン)元大使が述べたように、北朝鮮の人々は誰でも(anybody)ではなく、大切な誰かでもあり、彼らが自由を享受できるよう精進し続けるだろう」と述べました。  新型コロナウイルスのパンデミックのため訪韓が難しくなったAKU-USAのリチャード・リー会長は、今回の行事の共同主催団体として、映像を通じて開会のあいさつをしました。 同氏は昨年、米国務省主催の宗教自由委員会宗教自由増進大会 […]

詳細はこちら

「脱北者の異なるバックグラウンドと共通の目的を学ぶ」オンラインフォーラムを開催しました

2021/01/12

 2020年12月29日に「脱北者の異なるバックグラウンドと共通の目的を学ぶ」というテーマでフォーラムを開催。30名弱が参加をしました(講師:川崎代表理事) 元々は12月7日の開催予定でしたが、予定を変えて開催されました。 下記に要点を抜粋します。 ―脱北者が持つ異なるバックグラウンドとは?■「脱北」について。「脱」という漢字が入る意味は、自由に国を出るのではない、ということ。いい言葉ではないが、それをやらざるをえなかったそれぞれの理由について話したい。■1945年、植民地支配を受けていた朝鮮半島が第一次世界大戦の収束とともに分断。朝鮮半島の人たちの意思とは関係のない処置。共産陣営、自由主義陣営の接点として、38度戦が引かれた。その時から分断の苦しみを味わうことになる。■今現在、韓国には1000万人の離散家族がいると言われる。それは、1950年6月から53年6月まで行われた朝鮮戦争によっても状況が強化された。■帰国事業については、日本から船に乗って北朝鮮に行った人たちは自分が密かに北朝鮮から脱出しなければならなくなるとは思っていなかった。協定によって渡ったので、北朝鮮から自由に出れると思っていたが、今日までそうした状況になっていない。■朝鮮半島の分断により、理念の違う2つの政治が実施された。お互いの国の中で社会制度に合わせることができなかった人たちは、越北(越南)行動を取る人たちが出てきた。■今日、私たちが「脱北者」と呼んでいるのは、1990年代以降、北朝鮮を脱出した人たちのことを呼んでいる。 ―脱北者の中での有名なエピソード■キムジョングクさん(仮名)。帰国者として一人で北朝鮮へ行き、海洋専門学校(清津にあった)へ行った彼だが、清津港にあった日本の船に忍び込み、日本へ戻った。それが帰国者として日本に戻った第一号となった。■川崎氏が北朝鮮にいた頃、後から来た帰国者からジョン […]

詳細はこちら

「韓国の北朝鮮への情報送付の厳罰法制化の問題について」オンラインセミナーを開催しました

2021/01/11

 12月7日に「韓国の北朝鮮への情報送付の厳罰法制化の問題について」というテーマでオンラインセミナーを開催。30名弱の方々が参加をしました。  元々は「脱北者の異なるバックグラウンドと共通の目的を学ぶ」というテーマでのセミナーを予定していましたが、12月14日に強行採決された韓国の「ビラ散布禁止法(12月7日のセミナー開催時点ではまだ法律として施行はされておらず)」の野党単独採決を受けて、テーマを急遽変更して実施されました。  当日の多くの内容の中から、要点を抜粋します。―7日時点での法案の状況■大韓民国外交委員会で、北朝鮮にビラと情報を禁止する法案が採択。この決定に野党は全員が退場し、与党だけの単独採択となった。■AKUJapan代表理事の川崎栄子氏はこのことについて、「報道を聞いて戸惑った。どうしてこんなことが起こるのか」と思った。12月3日の夜中にVoice Of Americaからの電話を受け、インタビューを行った。それほど国際的に大変なことが起こったという認識で、今回のセミナーの開催に至った。 Voice Of Americaの報道では川崎氏のインタビューも引用された ―今回の法案の背景にある韓半島の歴史■韓半島は分断して75年。日本の植民地支配の後、東西両陣営、韓半島の人の意思とは関係なく外部の力によって分断された。75年立ったが、統一は成し遂げられていない。■韓国と北朝鮮の社会状況には現在大きな差があるが、これは政治によって差がどれくらいの差を生むのか、ということを見せつけている。■金日成の北朝鮮統治下で、対南工作、赤化工作が積極的に行われた。韓国にスパイがどんどん送られた。北朝鮮の対南赤化活動は今でも積極的に行われている。■昨年6月の南北共同連絡所の爆破や、9月に起こった韓国公務員を射殺事件に対して、文在寅政権はそれに対して何も言えていない。ここには歴史的な […]

詳細はこちら