一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

お知らせ

北朝鮮帰還事業61周年記念フォーラムを開催しました

2021/01/04

 12月14日の14時より北朝鮮帰還事業61周年フォーラムがAKUJapan、NGOモドゥモイジャ、NO FENCE、北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会、Human Rights Watch(HRW)の共同主催で行われました。昨年は新潟で行われた60周年行事でしたが、今回はオンラインで開催。それぞれの発題者がそれぞれの立場から取り組んでいる事業を発表しました。多くの内容より、要点を抜粋します。 二部からなる本フォーラムは、一部では最近話題となっている北朝鮮の強制収容所の現状を描いた映画「TRUE NORTH」の予告編の上映と、映画監督の清水ハン栄治氏より映画と今後の展望についてのコメントがありました。二部では北朝鮮の人権問題に最前線で取り組む各団体の代表からの活動報告がありました。  一部でコメントをした清水氏は、自身も横浜出身の在日コリアン2世であり、若い時から母親から在日の歴史について聞く中で、関心を持つようになり、人権関連の映像制作に携わる中で、今回の映画の撮影に至った経緯を語りました。「自身も一つ間違えていれば北朝鮮で生まれていたかもしれない、と思うと何かしらの形で北朝鮮の人権問題の解決をサポートしたいと思った」と映画作成の動機と、来年劇場公開となる映画の展望を語りました。映画は日本だけでなく、韓国での放映も視野に入れ動いているとのことです。 今後の展開について語る清水監督  第二部では、北朝鮮人権問題にそれぞれの分野で取り組んでいる人から各分野での報告があり、今回の主催団体である「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」(以下、守る会)「NO FENCE」「Human Rights Watch (以下、HRW)」「NGO モドゥモイジャ」「一般社団法人アクション・フォー・コリア・ユナイテッド」からそれぞれ代表が講演を行いました。  守る会の佐伯浩明理事長は、「守る会が取り […]

詳細はこちら

脱北者リ・ソンジュ(李成柱)氏オンラインフォーラム「ソンジュの見た星」を開催します(1月17日)

2020/12/31

 リ・ソンジュ氏は自身の北朝鮮の経験を綴った著書『Every Falling Star』を2016年に米国で出版。同著の和訳本『ソンジュの見た星』は2019年に出版されました。この度、1月17日(日)午前10時より、「ソンジュの見た星」と題して、リ氏に北朝鮮での生活や脱北後の体験を語って頂くオンラインフォーラムを開催します。 同氏は北朝鮮で12歳から16歳までコチェビ(子供の浮浪者)として過ごした後、韓国へ脱北。「韓半島人」というアイデンティティをもって南北の架け橋として統一を準備することを決心。脱北者として難しい英語学習を克服し、西江大学を卒業後、カナダの下院副議長補佐官を経て、英国での修士課程を修了。現在、米国のジョージメイソン大学で紛争分析解決学の博士課程に在籍中。 参加方法:参加希望の方は下記リンクより申請するか、または、下記連絡先まで指定の形式に従いメールをお送りください。     後日、参加に関するお知らせを追ってお送りします。参加申請:リンクより参加申請→ https://ws.formzu.net/fgen/S57500386/     メールにて参加申請→ info@koreaunited.jp まで「1月17日フォーラム参加」と件名をご記入の上、     氏名、連絡先、所属をご記入し、メールをお送りください。【リ・ソンジュ(李成柱)氏プロフィール】教育:韓国西江大学 政治外交学と新聞放送専攻(2009-2013)英国ウォーリック大学の修士課程 チーヴニング奨学生として国際関係学専攻(2015-2016)米国ジョージメイソン大学博士課程 フルブライト奨学生として紛争分析解決学専攻(2018-現在)経歴:国際戦略研究所(CSIS)Young Leader会員(2011-現在)、カナダ議会下院副議長補佐官(2014)、在英国大使館インターン(2015)、韓国  […]

詳細はこちら

「日本国籍保有者の帰還に向けた政治と民間の連携」オンラインセミナーを開催しました

2020/12/22

 11月28日に、元衆議院議員でNPO法人インターバンド理事の阪口直人氏をお招きし、オンラインセミナーを開催。当日は20名強が参加しました。 川崎栄子代表は、中朝国境を訪問した際に阪口氏と出会い、北朝鮮の問題解決に非常に勉強熱心な姿に感銘を受けて以来、交流が続いており、今回のセミナーが実現しました。  当日は、「帰還事業の検証と日本人の機構に向けた民間と政治の連携」というテーマで講演をいただきました。非常に重要な情報が多く、なるべく情報を省かずに記載します。―元々はどのような仕事を?・キヤノン勤務を経て、国連やNGO、日本政府の一員としてカンボジア、モザンビーク、ボスニア・ヘルツェゴビナなど紛争地域の平和構築に携わる。・キヤノンの海外事業部にいた時、自分が担当していた地域で1989年6月の天安門事件、11月のベルリンの壁崩壊などが起こり、命懸けで自由や民主主義を求める人々の姿に強く心を動かされた。1992年に国連が史上初めて一国の暫定的な統治を行う国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)についてのニュースに接し、紛争地域の民主化、自由のための行動を応援したいとの思いで会社を辞めてカンボジアでの平和構築活動に飛び込む。・赴任したカンボジアでは、山岳少数民族の村に住み込み、選挙を実施するための地域の責任者として活動する。・現地での活動中に銃撃を受け死亡した中田厚仁さんとはルームメイトだった。「世の中に、誰かがやらなければならないことがあるとすれば、僕はその誰かになりたい」という中田さんの言葉が、北朝鮮帰国事業へ関わることになったきっかけ。 国連ボランティアとして活動していた当時の様子を共有する阪口さん ―帰還事業に関わるようになってから・関わるきっかけは「帰還事業に対する疑問」・・・なぜ、資本主義の国から社会主義の国へ移民したのか。その疑問が解けなかった。そしてなぜ、この事業が […]

詳細はこちら

12月14日に北朝鮮帰還事業記念フォーラムを開催します

2020/12/08

 1959年12月14日から始まった「北朝鮮帰還事業」から今年で61年。 合計で93,340人が日本から北朝鮮へと渡ったと言われているこの事業で、多くの離散家族が生まれ、未だに生き別れた家族の顔を見ることができずに月日が流れています。  北朝鮮帰還事業から60周年となる昨年、弊社は60周年記念行事を新潟で開催しました。 帰国船で北朝鮮へ渡った方への追悼の思いを込め、式典やフォーラムを開催し、様子は多くのマスメディアに取り上げられました。  この度は、北朝鮮帰還事業61周年記念行事をオンラインにて開催する運びとなりました。コロナ禍のため、オンラインでの開催となりました。 ご関心のある方の参加をぜひお待ちしております。 ■日時:2020年12月14日(月)午後2時〜午後4時■場所:オンライン(申込申請者には後日zoom参加URLをお送りします)■内容: 1部: 映画「TRUE NORTH」予告編上映 2部: パネルディスカッション【スピーカー】・土井香苗氏 Human Rights Watch 日本代表・小川晴久氏 NO FENCE名誉代表・山田文明氏 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会 名誉代表・川崎栄子氏 一般社団法人 アクション・フォー・コリア・ユナイテッド代表理事 NGOモドゥモイジャ代表■主催:一般社団法人 アクション・フォー・コリア・ユナイテッド、NGOモドゥモイジャ、Human Rights Watch、NO FENCE、北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会■参加方法:以下の申込フォームからお申込いただくか、「帰還事業記念フォーラム」と件名にご記入の上、氏名、連絡先、所属団体、役職を記載し、info@koreaunited.jp までメールをお送りください。(申込締切:12月13日(日)24時まで)https://ws.formzu.net/dist/S96538992 […]

詳細はこちら

「韓国の北朝鮮への情報送付の厳罰法制化の問題について」オンラインセミナーのお知らせ(12月7日)

2020/12/02

 12月2日に韓国国会で与党により単独可決されたビラ散布禁止法を受けて、「韓国の北朝鮮への情報送付の厳罰法制化の問題について」のオンラインセミナーを実施します。 もともと「脱北者の異なるバックグラウンドと共通の目的を学ぶ」がテーマでしたが、変更になりました。 ■日時:2020年12月7日(月) 19:00-20:30■場所:オンライン(zoom)■講師:一般社団法人アクション・フォー・コリア・ユナイテッド代表理事 川崎栄子氏■参加方法: 以下の申込フォームからお申込ください。 https://ws.formzu.net/dist/S38983600/

詳細はこちら