一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

お知らせ

「朝鮮半島平和繁栄に向けたワンコリア市民運動・国際民権運動」をテーマにした講演会とフォーラムを実施しました

2018/12/12

 2018年6月17日(日)、グリーンパレス春日井にてAction for Korea United(AKU)名古屋講演が開催され、約70人が参加しました。愛知県春日井市は名古屋市近郊では在日韓国・朝鮮人の人口における割合が最も高いと言われている地域です。  講演に先立ち、地域の在日コリアンのリーダーたちと、徐仁澤(ソ・インテク)AKU中央共同常任代表とKenneth Bae(ケネス・ベ)Nehemiah Global Initiative(ネヘミア・グローバル・イニシアティブ)会長をはじめ、関係者が朝鮮半島情勢、在日社会、朝鮮半島統一などに対して活発な議論を行いました。  基調講演では、ケネス・べ氏と徐仁澤(ソ・インテク)氏が登壇。ケネス・べ氏は、735日北朝鮮に抑留された経験を紹介した後、現在の朝鮮半島情勢に対して「核の拡散こそが世界の脅威である。トランプ大統領の第一優先課題は非核化だ」とし、「対話による平和が統一をもたらすのではなく、統一を通してこそ平和がなされ、核の危険もなくなる」と力説しました。 そして、「70年間の分断が在日コリアンの分断や離散家族を生んだが、統一によりそれらの住民が新しい経済発展と自由に暮らせることを願う。脱北者を助け、海外に居住する700万人の同胞が南北のコリアンと共に統一を成していけるよう」訴えました。 また、北朝鮮の留置所での地震の経験で、留置書の看守はイエスの名前を平壌で聞いたことがないという話を挙げながら、北朝鮮が正常な国になるには、先ず、信教の自由を保障すべきだとの宣教師としての熱望を説き、自身の活動の映像(https://www.youtube.com/watch?v=P_9hG_lgM08)を紹介しました。  続いて、徐仁澤氏は、平和的統一を通したワンコリアが現状の唯一の解決策であり、ツー(Two)コリアでは核、平和体制、人権の […]

詳細はこちら

Action for Korea United日本創設記念国際フォーラム~ワンコリア市民運動日韓発展のために~が開催

2018/09/19

 2018年6月18日15時より、衆議院第一議員会館(東京都千代田区)地下大会議室にて「Action for Korea United(以下、AKU) 日本創設記念 国際フォーラム ワンコリア市民運動 日韓発展のために」が開催されました。韓国からの訪問団を含め、120名余が参加。熱気溢れる時間となりました。 本フォーラムは、韓国で始まったAKUの日本に置ける組織の発足式として位置付けられました。現職・元国会議員を始め、脱北者の人権支援団体の代表や、在日コリアンのオピニオンリーダーなどをはじめとして、現在の朝鮮半島情勢に関心のある参加者が多数集まり、有意義な時間を持つことができました。  AKUは、2012年、韓国にてNGO団体などが加盟する市民運動の連帯組織として、平和的統一のための種々の政策提言やキャンペーン活動を行うため発足しました。当初は350余だった加盟団体も現在は900を超え、韓国最大の統一のための団体として活動しています。  現在、核兵器などによる安全保障問題を始めとし、人権問題など様々な不安定要素を抱える朝鮮半島情勢に対して、AKUはその究極的な解決策として、朝鮮半島の伝統的な「弘益人間」の理念を中心とした平和的統一を提唱しています。 AKUが組織された背景の一つとして、韓国が1998年から開始した「太陽政策」の失敗があります。当時、この政策に基づき、様々な政府機関、民間団体による支援が北朝鮮に対して行われました。  しかし、団体間での支援の究極的目的の共有がされていなかったことや、支援を通した具体的成果についての合意が作れなかったことにより、北朝鮮に核開発を許してしまったことなどへの反省にたち、AKUは韓国国内の市民・草の根レベルからの同意を形成するための様々な運動を展開しています。  また、韓国内だけでなく、文化運動を通して、在外コリアンの意識啓発を行い、 […]

詳細はこちら