一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

お知らせ

アクション・フォー・コリア・ユナイテッドフェスティバルが開催されました(8月14日~15日・ソウル)

2019/10/09

 日韓基本条約以降最悪の日韓関係や米中の貿易戦争、ミサイル発射や中ロによる領空侵犯、韓国内の対極化した市民デモなどの危機の高まりの中でAKUフェスティバルが8月15日、韓国・ソウルのKINTEXで開催され、2万人もの観衆が参加しました。 AKU、大韓民国憲政会、大韓民国在郷警友会、Global Peace Foundation(GPF)、イーストウェスト研究所、忠南大学国家戦略研究所が主催し、韓国統一部(省)、民主平和統一諮問会議、大統領直属3・1運動及び大韓民国樹立100周年記念事業推進委員会が後援をしました。 前日の14日には、ソウルのプラザホテルでフォーラムが開催され、韓国内外のトップレベルの政策立案者や市民社会の指導者が「韓国の統一の機会:ビジョン、リーダーシップ、行動」というテーマの下、VIPによるプレナリー、統一に対する市民の参画、非核化、経済的機会、宗教の自由と人権、日韓関係、青年のセッションを通じて、政治の限界を打破する市民による第二の独立市民運動としての平和自由統一を目標に議論しました。 その中では、大混乱に陥っている今こそ統一の目標と発展のビジョンとしてのコリアンドリームが重要であることをイーストウェスト研究所のウィリアム・パーカー会長、アン・ホヨン前駐米韓国大使、文顕進GPF議長などが強調しました。 750万の在外同胞による国際協力を訴えたAKUのセッションではAKU日本の川崎代表が帰国事業で北送された9万3千名の在日コリアンを解放する道は統一しかないと訴え、韓国、アメリカ、英国、中国の代表がそれぞれの活動を紹介しました。 そして北朝鮮の市場開放と南北統一の経済発展や国際投資と北東アジアの経済発展など輝かしい経済、深刻な非核化問題の打破としての統一と平和、北朝鮮の人権と宗教の自由による体制の変化推進などの包括的な統一の戦略を各国の専門家が深い討議を重ね […]

詳細はこちら

韓国でのワンコリア国際フォーラム、アクション・フォー・コリア・ユナイテッド・フェスティバル2019の報告会のお知らせ

2019/09/12

 8月14日、15日に韓国・ソウルで開催された、ワンコリア国際フォーラム(14日)及び、アクション・フォー・コリア・ユナイテッド・フェスティバル2019の報告会を開催いたします。 このイベントには、代表の川崎栄子と、事務局長の梁知身が参加をして参りました。 2日間に渡る行事では、日韓関係が難しい中、国内・国外にいるコリアンが主導して、北東アジアの友好を訴えていくこと。また、北朝鮮の核や人権問題などの終局的な解決策として、朝鮮半島の平和裡における統一がその道筋であること。そして、そのために、弘益人間(広く世の中の益となる人となること)の精神を想起し、朝鮮半島に自由・人権・法の支配の実現された国家を建設することが肝心であり、そのために国際社会がどのように協力していけばいいのか、ということが共有されました。 また、代表の川崎栄子がセッションに登壇をし、現在の北東アジアの状況に対する平和的な解決策として、日本でできることを提案しました。 今回の報告会では、2日間のイベントの総括と、今後、日本で推進する活動について、改めて皆様と共有できる時間を持っていきたいと考えております。 直前のお知らせとなってしまい恐縮ですが、ご都合のよろしい方は奮ってご参加頂ければ幸いです。日時:2019年9月16日(月・祝) 14:00-16:00場所:文京シビックセンター 2-C会議室参加費:無料※人数に限りがございますので、参加ご希望の方は、件名に「9月16日 報告会参加希望」とご記入の上、お名前、所属、連絡先を記載し、info@koreaunited.jpまでご返信ください。

詳細はこちら

元駐英北朝鮮公使の太永浩氏を招き、講演会を開催しました

2019/07/17

 2019年6月20日、東京都文京区に所在する文京シビックセンターで、元北朝鮮イギリス公使である太永浩氏を招き、「ポスト・ハノイ 金正恩の核交渉戦略と私たちの対応」と言うテーマで、講演会が開催されました。  今回の講演会は、北朝鮮難民救援基金が主催し、北朝鮮の難民と人権に関する国際議員連盟、アクション・フォー・コリア・ユナイテッド、北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会、NO FENCEが協賛団体として名を連ねました。  会は太永浩氏の安全警備を前提としたため、事前登録制で参加者を募ったため、参加者が少ないのではないかという懸念がありましたが、市民活動家、北朝鮮専門家、メディアなど80人以上が参加する盛況でした。 募集開始直後に、規定参加定員人数を大幅に超える参加申請があり、北朝鮮をめぐる国際情勢への関心の高さは、予想以上でした。  太永浩氏の40分ほどの講演の後、パネリストとして、コリア国際研究所所長の朴斗鎮氏、宮塚コリア研究所所長の宮塚利雄氏のコメントが続きました。その後、参加者からの質疑応答の時間を持が、時間内では、出された質問に答えることができないまま終了しました。 太氏は講演の中で、「北朝鮮は、日本、韓国、アメリカの民主主義システムの構造的な弱点を把握し、5年の政権交代の周期で新たな合意を結び、核開発を進めてきた。金正恩もその政策を踏襲しており、自由民主主義国はそのことを知らなければならない。また、アメリカは北朝鮮と交渉するにおいて、核放棄と体制維持の条件交換の順序を間違えてはならず、あくまで核放棄を推し進める必要がある。アメリカは多くの経済制裁方法があるが、それを使わずにいる。例えば、公海上の北朝鮮籍船に対するアメリカの保険会社や、北朝鮮の在外公館と取引のある金融機関にセカンダリーボイコットを引き起こせば、北朝鮮を追い詰めることができるが、それをせずにいる」と語りまし […]

詳細はこちら

8月14日~15日、ワンコリア国際フォーラムとフェスティバルが開催されます

8月14日~15日、ワンコリア国際フォーラムとフェスティバルが開催されます

2019/07/16

 8月14日、韓国ソウルのプラザソウルホテルにおいて「ワンコリア国際フォーラム」が、アクション・フォー・コリア・ユナイテッド(AKU)、グローバル・ピース・ファウンデーション(GPF)、韓国憲政会、イーストウェスト協会(EWI)の共催で開かれます。  14日午前中の全体会議では、“統一コリアへの歴史的機会”をテーマで、分断された朝鮮半島において南北が共有可能なビジョンの提示と、それを実現するためのリーダーシップについて議論していきます。また、午後の分科セッションでは、統一に向けた国内外の市民社会の役割を議論し、基本的人権の根幹である北朝鮮内の信条の自由や、統一コリアがもたらす経済的恩恵やそのための政策、さらには、持続的平和に向けて国際的に注視される非核化の可能性について討議する予定です。  日程詳細はコチラから閲覧・ダウンロードできます。 また、参加ポリシーはコチラから閲覧・ダウンロードして下さい。参加ポリシーに同意して頂くことを条件として、コチラから参加登録が可能です。参加登録期限は8月5日です。 皆様のご参加をお待ち申し上げます。お問合せはinfo@koreaunited.jp まで。 8月15日、韓国の三・一独立運動100周年と光復節(日本で言う終戦記念日)74周年を記念して、イルサンの国際展示場KINTEXにおいて、「アクション・フォー・コリア・ユナイテッド・フェスティバル (Action for Korea United Festival)」が開催されます。  このフェスバルは、韓国内外の市民社会に広がるAKU活動に関わる方々や、AKU活動やビジョンに関心のある方々を一堂に会し、スピーチと歌のメドレーで、コリアンドリーム実現に向けた新しい出発の場となります。日本でも有名な演歌歌手のキム・ヨンジャさんやオペラ歌手の田月仙(チョン・ウォルソン)さんをはじめ、韓国の有名 […]

詳細はこちら

「朝鮮半島平和繁栄に向けたワンコリア市民運動・国際民権運動」をテーマにした講演会とフォーラムを実施しました

2018/12/12

 2018年6月17日(日)、グリーンパレス春日井にてAction for Korea United(AKU)名古屋講演が開催され、約70人が参加しました。愛知県春日井市は名古屋市近郊では在日韓国・朝鮮人の人口における割合が最も高いと言われている地域です。  講演に先立ち、地域の在日コリアンのリーダーたちと、徐仁澤(ソ・インテク)AKU中央共同常任代表とKenneth Bae(ケネス・ベ)Nehemiah Global Initiative(ネヘミア・グローバル・イニシアティブ)会長をはじめ、関係者が朝鮮半島情勢、在日社会、朝鮮半島統一などに対して活発な議論を行いました。  基調講演では、ケネス・べ氏と徐仁澤(ソ・インテク)氏が登壇。ケネス・べ氏は、735日北朝鮮に抑留された経験を紹介した後、現在の朝鮮半島情勢に対して「核の拡散こそが世界の脅威である。トランプ大統領の第一優先課題は非核化だ」とし、「対話による平和が統一をもたらすのではなく、統一を通してこそ平和がなされ、核の危険もなくなる」と力説しました。 そして、「70年間の分断が在日コリアンの分断や離散家族を生んだが、統一によりそれらの住民が新しい経済発展と自由に暮らせることを願う。脱北者を助け、海外に居住する700万人の同胞が南北のコリアンと共に統一を成していけるよう」訴えました。 また、北朝鮮の留置所での地震の経験で、留置書の看守はイエスの名前を平壌で聞いたことがないという話を挙げながら、北朝鮮が正常な国になるには、先ず、信教の自由を保障すべきだとの宣教師としての熱望を説き、自身の活動の映像(https://www.youtube.com/watch?v=P_9hG_lgM08)を紹介しました。  続いて、徐仁澤氏は、平和的統一を通したワンコリアが現状の唯一の解決策であり、ツー(Two)コリアでは核、平和体制、人権の […]

詳細はこちら