一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

一般社団法人
アクション・フォー・コリア・ユナイテッド

オピニオン

弘益人間とコリアン・ドリーム

2019/08/10

 弘益人間は大韓民国の国是と言えるものです。教育基本法の第2条「教育理念」にも、「教育は弘益人間の理念のもと、すべての国民をして人格を陶冶し」と、弘益人間が教育理念の根幹にあり、それを具現化した人格を涵養することを目指しています。 “弘益人間”という言葉は、13世紀末に書かれた史書『三國遺事』に登場します。同書の古朝鮮条によると、昔、桓因(帝釈天のこと)の子の桓雄が、つねづね天下に対して関心をもち、人間世界に降りて行くことを望んでいました。父が子の気持ちを察して、三危太白(三危は三つの高い山、太白はその中の一つ)を見下ろすと、(そこは)人間を広く利する(弘益人間)に十分であったので、(子に)天符印3個を与え、降りて行って(人間世界を)治めさせた、とあります。桓雄はある熊の願いをかなえて女にし、この熊女(ウンニョ)との間に子ができ、これが檀君王倹(檀君)であり、朝鮮最初の国家である檀君朝鮮を築いたのでした。これが5千年前の古朝鮮の建国神話であり檀君神話として朝鮮民族の間で語り継がれています。 建国神話に描かれた弘益人間の理念は、歴史的に変遷してきた朝鮮民族の宗教的信条を超えて、朝鮮民族のアイデンティティを形成して、人類に奉仕するように導いてきました。1919年、天道教、キリスト教、仏教の指導者が共に発表した3.1独立運動の独立宣言にもその精神は表現されています。当時の独立運動家たちは日本への復讐というレベルではなく、旧体制への回帰でもなく、さらには民族のためだけでなく、弘益人間が示す民族精神が具現された世界の模範となりうる理想国家の建設を目指していたのです。 3.1独立運動の後、上海で大韓民国臨時政府を作った独立活動家の金九は、「それ故に、真の平和が我が国から、我が国によって世界に実現されることを願う。世界平和はまさに我が国祖、檀君の理想である弘益人間を実現することによって叶 […]

詳細はこちら

1919年の3.1独立運動について

2019/07/27

 1919年3月1日、大日本帝国に併合された朝鮮で独立運動が起こりました。以降、太極旗を手に「独立万歳」を叫ぶ運動は、数カ月続き200万人以上の朝鮮人が参加したと言われます。約2千万人が当時の朝鮮半島の人口からすると10人に一人が運動に関わったことになります。 日本は朝鮮の覇権を争い日清戦争と日露戦争に勝利し、米国の支持を得ながら、1905年、大韓帝国と乙巳保護条約を締結。大韓帝国は外交権限を日本に託し、実質的に独立国の立場を失いました。漢城(現在のソウル)には韓国総監が置かれ、日本政府主導の行政が導入されました。初代総監は内閣総理大臣を初代から数度歴任した伊藤博文でした。1907年にオランダのハーグで開催された第2回万国平和会議に大韓帝国皇帝の高宗は密使を送り、外交権を奪った日本との条約は無効であり、外交権回復を国際社会に訴えようとしました。これを知った伊藤博文は高宗を退位させ、子の純宗に譲位させたのです。 1909年10月、伊藤が安重根によって暗殺された後、1910年8月大韓帝国は一切の統治権を完全かつ永久に日本に譲与する条約に調印し、韓国総監は朝鮮総督府に変更。庁舎は現在の景福宮内に建設されたのです。陸軍大臣の寺内正毅や元帥陸軍大将の長谷川好道が総督として、朝鮮の武断的統治を強化しました。第一次世界大戦が終盤に入った1918年1月、米国のウィルソン大統領は民族自決や国際連盟の設立などを謳った14カ条の平和原則を発表。翌年1919年1月から始まったパリ講和会議に朝鮮の独立運動家は大きな期待を託し、新韓青年党の金奎植(キム・ギュシク)をパリに派遣しました。 しかし、朝鮮は政府の資格がないとして拒否され、さらには、民族自決がヨーロッパに限定された内容だったことから、朝鮮の独立は会議では議論されませんでした。同じく、高宗が1月21日に急死。東京では2月8日、約600人の朝鮮人 […]

詳細はこちら